PAGE TOP

中古トラックの買取・販売|中古トラックの買取・販売・売買ならトラック市場へ

トラック市場 中古トラックならトラック市場

03-6661-2011 お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ

HOME > 初めてのお客様へ

初めてのお客様へ初めてのお客様へ

トラック市場とは

従来の高額な売買コストを圧縮し、「安く買える!高く売れる!」全く新しい中古トラック売買サービスです。

安く買えそして高く売れる理由
自分で探したい方
探す暇のない方

Webサイト「トラック市場」掲載車輛をご購入の場合オークションにて車輛をご購入の場合

トラック市場がご提供するサービス

「必要なときに必要な車輌をタイムリーに購入し、未稼働車輌は売却する」
全国的にこれを可能にしたのが『トラック市場』の画期的なサービスです。
中古トラック売買の問題点や整備等の不安要素を一掃し、「柔軟な車輌運用」と「価格メリット」を同時にご提供します。

なぜ、運送事業者は購入した車輌を保有し続けるのか?」
「なぜ、負担とわかっていながら新車トラックの購入に至るのか?」

これを常に考え、お客様の立場に立った中古トラック売買サービスを提供し、経営を圧迫する車輌コストの見直しをご提案します。

安く買える 高く売れるを支える独自システム

「安く買える、高く売れる」を支える独自システム

ダイレクトプライスシステム
直接取引により、仲介業者が手にする収益、移動コスト、在庫コストなど余分なコストをカット。 このシステムにより、どこよりも高く売却し、どこよりも安く購入することが可能に。
マーケットメイキング
不透明だった中古トラックの価格を一掃。独自の膨大なデータベースにより、 売り手買い手双方に納得して頂ける合理的かつ明瞭な価格によるお取引を実現。


使用中でも Web に掲載で「売りやすい」
車輌の使用中に「売却予定車輌」としてWeb掲載し、売却先を決定します。

安価で優良な整備
大手物流企業のインフラを活用し、安価で優良な整備済みの車輌を納車しますので、安心してご購入ください。(ご自身で手配頂くことも可能です)

きめ細かな検査による査定
安全で公平な取引のために、車輌を査定します。損傷箇所の調査やエンジン・架装の動作確認など、きめ細かな検査を実施します。

ファイナンス(代金決済)体制も完備
全国のファイナンス会社と提携、リース、ローン、一時的なファイナンス等、購入代金のお支払い方法を選択可能です。(※リースローン時に立替費用が発生する際は、所定の手数料を申し受けることがあります)

車両運用コンサルティング
保有車輌や状況に合わせて収益の30%UPとなる車輌運用法をコンサルティングします。


充実のサポート体制
全国どこでも、名義変更・車検整備・ファイナンス・増減車申請・陸送・車輌備品・経営サポートのご相談まで様々なサポートメニューをご用意。ご安心のる一貫サポートをご提供いたします。

「トラック市場」では、現在の中古車流通にかかるコスト(仲介業者の利益、運送費、諸経費、在庫リスク、流通時間に比例するコストなど)を徹底的に排除することにより、お客様へ「コストの還元」を実現しています。中古トラックマーケットにおける曖昧な価格相場を見直し、適正な価格で、中古トラックを提供しています。

本サイトに掲載している売却車輌は、第三者による車輌査定済みですので、公平で安全な車輌です。また、購入頂いた車輌に対し、大手物流企業のインフラを活用した安価で優良な整備体制を整えています。

事前に売却予定の車輌情報をWeb上に公開することが可能ですので、車輌の稼働中に売却先が決定します。買い手は余裕を持って詳しく車輌を検索することができ、両者とも効率の良い、車輌売買を実現しています。

さらに、保有台数に合わせた車輌運用のコンサルティングも行なっております。年間1,000万円以上の利益UPも可能になるノウハウをご提供します。

トラック市場が扱う車両の特長

  • 仲介業者が介在しない独自のマーケットに、企業が保有する売却予定トラックを Web 掲載します
  • 大手リース会社のリース満了車両、中途解約車両に対し、入札会にて購入希望が出せます
  • 全国の業者専用オークションでも中古トラックの売買が可能です
  • 事故車や中古市場で通常売却できない車両でも解体車として売却できます
  • 「トラック市場」では様々な中古車売買市場を網羅し、圧倒的な量の車輌情報をご提供致します。
  • 車輌の種類は全国に渡り幅広く扱っていますので、欲しい車両が見つからない場合でも気軽にお問い合わせください。

中古トラック売買が抱える様々な問題点・不安要素

トラックは、車両数も少なくまた各々の仕様が異なり、車輌の標準化ができていません。そのため、中古市場でのベンチマーク(判断基準)が明確化されておらず、非常に不透明なマーケットとなり課題が山積しています。

不透明な販売価格 中古トラックの販売価格が不透明で明確でない
車両の当たり外れ 事前の車両情報が不足しているため、当たり外れがある
支払い問題 与信が通らず車両の代替ができない
車両が見つからない 登録車両ベースで乗用車が5,600万台に対し、トラックは400万台しかない
整備コスト 不適切な整備により発生する故障に多大なコストがかかる
遊休車両 高額な残債や低い処分価格により売却できずに保有してしまっている
新規受注ロス 荷主のニーズにあった車両がなく、受注できない
車両コスト 毎年新車価格が値上げされ、車両コストが経営を圧迫し、変動費化もできていない

これらの様々な不安材料を「トラック市場」は一つ一つクリアし、お客様の悩みを一気に解決する各種サービスをご用意しております。必ずご満足していただける中古トラック売買を実現致しますので、 気軽にお問い合せください。

自分で探したい方
探す暇のない方

初めての方へ 実績・お客様の声 中古トラックを探す なぜ車を売った方がいいのか? セミナー開催中
リースアップ車から探す JACSS株式会社 facebook