PAGE TOP

中古トラックの買取・販売|中古トラックの買取・販売・売買ならトラック市場へ

トラック市場 中古トラックならトラック市場

03-6661-2011 お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ

HOME > よくある質問

よくある質問よくある質問

車両売買

決済方法

コンサルティング

代理店について

車両売買

Q1.どうしてこんなに安いの?

理由は2つあります。
①中間業者を一掃し、中間マージンが排除されているからです。
②従来の販売業者は、買取った車を在庫し自社ヤードに車両を並べて、更に Web にも掲載するという仕組みです。これではリスクが高く、経費がかかるため、中間マージンが高くなります。
当社では、車両がお客様のヤードにある状態で、売却予定車両としてWEBに掲載しておりますので、リスクや経費が大幅に軽減されるため中間マージンを従来の1/3に抑え、安く販売ができます。

中古車を探す

Q2.どうしてこんなに高く売れるの?

A.理由は2つあります。
①中間マージンを徹底的に排除していること。
②当社のリスクと経費を排除した仕組みにより、従来の中間マージンを1/3に圧縮することが可能となり、売却時は今までより高く、購入時は安く、お取引ができる仕組みです。 >>トラックを売りたい方

Q3.非公開物件はありますか?

車両査定前(※)の売却予定車両情報がありますので、気軽にお問い合わせください。
※ Web に掲載する前に車両情報を収集するための査定を実施しています。

Q4.検索しても欲しい車がない…希望の車両を探してもらえますか?

本 Webサイトの車両以外にも、全国の業者用オークション会場の車両情報から、ご希望の車両をお探ししてご案内致します。
週あたり約1万台の中古車両から探しますので、スピーディーにご案内、ご納車ができます。 オークション実施の前日からのご案内となりますので、ご検討いただくお時間がタイトになりますので、ご注意ください。>>ほしい車を探してもらう(お問い合わせ)

Q5.買取もできますか?

当社では、「買取」をしない売買の仕組みで、リスクをヘッジすることによって、マージンを従来の1/3に抑え、お客様への高いお支払額を実現しています。
基本的には「買取」は行わず、車両をお預かりして一番高い市場で売却しています。 >>トラックを売りたい方

Q6.事故車の買取もできますか?

事故車に関しても基本的にはお預かりして一番高い市場と思われるところで売却致します。
車両の状態によっては(例えば、不動車等)買取の方が高くお支払ができる場合もありますので、その場合は買取を実施させていただいております。>>トラックを売りたい方

Q7.下取りもできますか?

お使いの車両の車検証を FAX 頂ければ、すぐにお見積りいたします。>>トラックを売りたい方

Q8.新車は買えますか?

新車の販売は残念ながら行っておりませんが、未使用車(=新古車)をご案内することができますので、ご希望の条件をご連絡ください。>>未使用車について問い合わせする未使用車は車種によって、とてもお得になる場合もありますので、ぜひご検討ください。

Q9.車の整備、車検、塗装はやってもらえますか?

全国どこでも対応させていただいております。>>整備、車検、塗装などについて問い合わせする

Q10.明瞭会計というのはどういうことですか?

従来の中間業者様では、買取価格200万円、などと、ざっくりとしたご提示が一般的です。
当社では、車両価格、弊社の手数料、陸送費、看板消去費用、オークションの場合には、オークションにかかる経費、など、何にどういう費用がかかったか項目を明瞭にして、金額をお客様にご案内しております。

Q11.どうしたら高く売れますか?

例えば、売却時にキャビンを白に塗り替えるだけで、塗り替える費用を十分に上回る売却額になるため、弊社ではお勧めしております。
新車購入時の発注方法についても弊社ではご指南しています。
例えば、標準幅のベットレスを発注するのと、ワイドのベット付を発注するのとでは、
新車購入時20~30万円の違いがあるものの、ワイドのベット付は95万円も高く売却ができます。
売却を見据えて購入する方法についてもコンサルティングをしておりますので是非気軽にお問い合わせください。>>高く売るコツとは

決済方法

Q1.リースがなかなか通らないんだけど、どうすれば良いですか?

当社では、新設や債務超過の法人でもリースを組むことのできる方法をご用意しております。
一定の審査は必要ですが、従来のリース審査方法とは違った見方で審査を行いリースを組む方法がございます。

>>新設法人や債務超過法人でもースについて詳しく知る

Q2.どんな支払い方法がありますか?

リースをご利用いただく際には、車両引上げから弊社への入金にタイムラグが生じることによる御立替が発生しますので、その際は購入額の1%の手数料を頂戴しております。オークションで車両をご購入いただく際は、会場の規定により落札日から6日以内のお振込をお願いしております。

Q3.短期リースがあると聞いたのですが、期間はどれくらいからですか?

特に期限の決まりはありませんので、1か月でも2ヶ月でもお客様のお仕事に合わせた期間をご設定頂けます。

>>短期リースについて詳しく知る

Q4.リースや割賦は組めますか?

リース、割賦でご購入いただけます。

>>リースについて詳しく知る

Q5.新設法人なんですが、リースで買えますか?

リースをご利用いただけます。従来の審査方法と違った見方による審査基準がありますので、気軽にお問い合わせください。

>>リースについて詳しく知る

コンサルティング

Q1.簿外資産を算出していただけると聞きましたが、簡単に教えてください? 

通常、トラックは5年償却となっているため、決算書上の簿価は5年を過ぎると0円になり、本来市場価値はあるにもかかわらず、資産が0ということになります。
中古トラックを取り扱う業者は、市場価格を伏せているため、ユーザーが保有車両の価値を算出することは難しい状況です。
当社では、ユーザー様の保有車両の市場価格を一覧にし、「見える化」することにより、簿外資産をお客様自身に把握していただくサービスを行っております。

>>サービスについて詳しく知る

Q2.「車両運用法」というセミナーではどんな話が聞けるのですか?

配送内容と車両台数等によって、企業規模に応じた適切な車両運用サイクルをご提案しております。
 現在、10年以上トラックをお使いの事業者様が多くいらっしゃる中で、現状に至るそれまでの背景や、中古トラック市場の状況、運送事業者様にとって最重要なトラックをどのように使うのが有益か、等の情報をセミナーでご説明しております。

>>直近のセミナー情報を確認する

代理店について

Q1.代理店は募集していますか?

はい、募集しています。
代理店には、お客様のご紹介を中心とした「紹介代理店」と本格的な代理店業務を目的とした「専属代理店」があります。業務内容によってインセンティブ率などが変わりますので、詳しくはお問い合せください。
※代理店経由による弊社手数料の増加はありません。お取引いただくトラックユーザー様にご迷惑をお掛けすることはございませんので、ご安心ください。

初めての方へ 実績・お客様の声 中古トラックを探す なぜ車を売った方がいいのか? セミナー開催中
リースアップ車から探す JACSS株式会社 facebook